Nichinan Chapel

聖書の言葉、説教要約、小随想

叫び声と涙をもって

キリストは、肉体をもって生きている間、自分を死から救い出すことができる方に向かって、大きな叫び声と涙をもって祈りと願いをささげ、その敬虔のゆえに聞き入れられました。(ヘブル人への手紙5章7節)

イエス様は完全な人間として、私たちと全く同じ肉体をもって地上での人生を歩まれました。ですから、その働きを成し遂げるためには、イエス様は不断かつ全身全霊の祈りを捧げなければなりませんでした。なぜでしょう?それは人間として聖霊の力に満たされるためです。私たちはイエス様に似る者として召されました。それは私たちもまた全身全霊の祈り、不断の祈りを神に捧げる者として召されたということでもあります。そのことを覚えつつ日々聖霊に満たされることを求めましょう。