Nichinan Chapel

聖書の言葉、説教要約、小随想

編集後記

世の終わりの警報

1月15日深夜は「津波が来ます!」との緊迫した音声と警報音に叩き起こされ、6日後21日深夜は「地震が来ます!」との音声と警報音に叩き起こされ、心臓が飛び出るかと思いました。 前者はトンガ沖の海底火山の噴火による津波、後者は日向灘沖を震源とす…

あれが父???

「絶対手を離さないでね!絶対だよ!」 「ああ、絶対離さないから大丈夫!心配するな!おまえは前だけ向いてればいい!」 私はペダルを漕ぎだしました。補助輪を外してのはじめての自転車。 ひとりだったら漕ぎだすこともままならなかったのに、すっと漕ぎだ…

尽きる命のためだけでなく、永遠の命のために

平日は正味半日、施設で働いています。 担当は見守りを兼ねた戸別配食サービス。 利用者は超高齢者や障害者。 先日は夕食を届けに一人暮らしの女性のお宅を訪ねるとその方が玄関前で仰向けに倒れておられたのです。 もしや、お亡くなりに(;´・ω・) と一瞬思い…

ネタも感謝も尽きることのない一年に

後記欄を設けたのは二〇一八年一月七日の週報から。私の三日坊主癖を知る妻からは後記欄はいいけど、継続できる?と心配されましたが、なんとか丸四年経過。 しかし、そろそろ、後記ネタも尽きて来たようです(苦) と思うのも去年は回想ネタが多かったから…

素顔どころか・・・

今の職場で働き出して2年。人見知りの私ですが、さすがに同僚とも打ち解け、良い雰囲気の中で仕事をしています。ただ、変に聞こえるかもしれませんが私、同僚の素顔を一度も見たことがないんです・・・ 同僚だけじゃありません。社長の素顔も、上司の素顔も…

出て行くものか~!!!

小学生の頃。帰宅(自宅兼教会)して、階段を上がっていると、女性が何か叫びながら、ドドドドッと駆け下りて来ました。 え?何?何?と戸惑っていると、今度は牧師である父と母が 「待ちなさーい!」 とドドドドッと駆け下りて来たのです。 私もその後を追…

王を王たらしめるのは

ミツバチの社会では一つの巣に一匹の女王バチがいます。 女王バチの仕事はひたすら卵を産むこと。大きさも寿命も働きバチ(※働きバチはすべてメス)の3倍ほどで、女王バチと働きバチとでは全く別物のように見えます。 しかし、実際は女王バチも働きバチも生…

きっと素敵な名前

近所でたまに見る黒猫が我が家のベランダに日向ぼっこに来るように。二年前保護した黒猫の姉妹?と夫婦で話している猫。 保護猫は「ルツ」通称「ルっちゃん」と呼んでるので、その黒猫は「オルパ」(ルツ記一章参照)「オーちゃん」と呼ぶように。 最初は近…

大人ですね!

先日、床屋の待合席で順番を待っていた時のこと。 先に散髪を終えた、まだあどけない中学生の男の子が、私の後ろに座っているさらにあどけない男の子に声をかけました。 「本当にごめん!長いこと待たせちゃって!」 声をかけられた子は、散髪していた友だち…

犯人の背後から牧師のタックル

米国のある教会で、礼拝中、おもむろに講壇に上った男が拳銃を頭上にふりかざし会衆を脅しはじめました。 しかし、隙を見て牧師が背後からタックル。押し倒された犯人はすぐに皆に取り押さえられ、ことなきを得た、という事件がつい先日ありました。 実際の…

似てる?似てない?

二つ年下の弟がいます。私とそっくりだと言う人もいます。あるフィリピン人の方は、二人並んでいるのを見て、似すぎてて気持ちが悪いと言ってました(笑) 同時に全然似てないという人も。肉親など近しい人はほとんどが似てないと言いますが、そうでない間柄…

何の恩義も感じていない

半年ほど前、すでに老犬だった愛犬が虹の橋を渡り、残るペットは愛猫5匹に、と思っていたら、その数か月後、娘が家の前で、何故か油まみれになって助けを求めている子猫を発見。 他の5匹の保護した猫たち同様、多少難ありの子で結局我が家で飼うことに。 …

毎日行って診てもらい、磨いてもらう

「痛かったら、手を上げて教えてね~」と言うので、痛いと感じた時に手をあげると「は~い、痛くな~い、全然痛くないよ~」とその手をおろされ、なんで?どういうこと?と戸惑いながら、涙目で痛みに耐え続ける・・・ というのが子どものころ歯科医院で私が…

霊的な語彙力

まだ2歳だった息子が、私の部屋に来てこう言いました。 「お父さん、ネギとタイヤある?」 「ネギとタイヤ?」 「うん!お母さんが聞いてきてって!」 う~ん、ネギとタイヤ・・・ 暗にネギを買って来いと言ってるのか?でも、タイヤは今は必要ないよな・・…

おにぎりは箸より手で食べるほうが美味しい

おにぎりは箸で食べるよりも、手に持って食べるほうが私には美味しく感じられます。 なぜだろう?と考えたところ、それはきっと手の触覚が「味」に加わるからだろうとの結論に至りました。 考えてみれば、舌ざわりとか歯ごたえも「触覚」。食材の切り方で味…

営業成績がトップな理由???

あるキリスト教系の非営利団体の働きに興味があり、コンタクトを取ったところ、団体の代表で当時七〇代半ばの牧師がわざわざ日南まで訪ねて来て下さることに。 私たち夫婦は恐縮しながらも、喜んでお迎えしたのですが、その先生、元気が過ぎました。 空港に…

ソドムとゴモラが滅びた外的要因

先日、ある英科学雑誌に興味深い調査結果が載せられました。 約3千年にわたって繁栄していた死海東部の古代都市。その古代都市は紀元前1650年頃、突如として姿を消したのですが、その消滅の原因が巨大隕石の空中爆発による超高温の爆風であることを示す証拠…

無責任極まりない詭弁

昨年、トランプ氏とバイデン氏が大統領の座を争った時、有名無名の自称預言者達がこぞって「トランプ氏が再選する!」と預言しました。 実際はそうはならず、彼らが偽預言者であることが明らかになったのですが、中にはこんな言い訳をする人も。 「もし、預…

神様の返答に耳を傾けてさえいれば

「お兄ちゃん、何でそんな暗い曲を聞いてるの?何て曲?」 声の主はドアの隙間から私の部屋を覗き込む当時中学生の妹。 (暗い曲?何で?) そうか、妹にはこれが暗い曲に聞こえるのか・・・と思いながら、傍らのCDジャケットを手に取り、これは某ドキュメ…

サラダ味ってサラダ味か???

先日「サラダ味」の煎餅をかじりながらサラダ味ってサラダ味じゃないよねと首を傾げました。 子どもの時分からサラダ味スナックに親しみ五十年弱。度々、サラダ味って何?と疑問に思いつつも、食べ終わる頃にはそれをすっかり忘れ、放置され続けていた長年の…

日本では1.2倍、中国では44倍!?

ここ30年で日本では1.2倍に、中国では44倍(※20倍という説も)になったものは何でしょう? それは軍事費です。 現在、中国の軍事費は日本のそれと比較すると4倍になっているとのこと。 この事実を知るだけでも、何か不穏な空気を感じますね。 中国…

敵さえも

20代半ば、某運送会社の倉庫でバイトをし始めた時のこと。私より2~3歳上の親分肌な先輩が、何かにつけて私に文句をつけて来るのです。 どうしてかな?と思いつつもイエス様の教えに従い、心の中でその先輩を祝福していると、三か月ぐらいしてからでしょ…

人を責める前に・・・

息子の話し方が軽薄に感じる時期がありました。 原因は語尾が「じゃん」になりがち。で、それが多すぎる。 カッコいいじゃん!とか、すげえじゃん!とか。 これはいかんぞと、私は父親の威厳をもって、当時3才の息子に言いました。 「そんなふうにじゃんじ…

ふりだしに戻る

「人間は外見じゃないの。内面が大事なのよ。」 1時間ほど泣きじゃくっていた女性は落ち着きを取り戻し、当時、副牧師だった私の母の言葉にやっと耳を傾けはじめました。 女性も次第に前向きになり、 「そうですよね!外見じゃありませんよね!」 となった…

宇宙人はいるの?いないの?

宇宙人存在の有無。 クリスチャンはどう答えるべきでしょう? その模範解答は 「分からない」 です(笑) 聖書が沈黙していることに関しては、沈黙する。これがクリスチャンとしての正しい姿勢。 ただ、宇宙は広大で、無数の星々があるんだから中には地球に…

功名心にかられた結果

小3の夏休みの登校日。友達が自由工作の課題がもう出来たよとやってきた。 彼が抱えていたのは自分の背と同じぐらいの、牛乳パックで作った大きなロボット。 クラスのみんな、特に男子はそれを見て大興奮だった。僕も興奮した。そして思った。 僕はもっとも…

心理学的「自信」聖書的「自信」

自分に自信が持てないのですが、どうしたらよいですか?という問いに、ある心理学者がこう答えていました。 「まず、自信とは何か?ということを知ることが大切です。心理学的には『自分には価値があると信じること』が自信です」。 この答えは聖書の教えに…

私たちは土の器

先日、イスラエル南部の遺跡で約三千百年前の土器片が出土。 土器片にはカナン語で「エルバアル」と記されていました。 三千百年前のイスラエルといえば「士師時代」。その時代の土器に「エルバアル」という名。ピンと来られた方もおられるでしょうが「エル…

あの時ぐらいの必死さで

小学校1年生の時、2つ下の弟を連れて、友達の家に向かっていました。 ふと、振り返ると弟の姿がありません。来た道を戻るも見つからず、次第に恐くなって来た私は 「モーモー!、モーモー!」 と、叫びました。 弟の名前は「モトノブ」ですが、2歳だった…

えぇ、パウロの言っていることですけど・・・

「それはパウロがそう言っているに過ぎない!」 椅子にふんぞり返った痩せぎすな男は敵意をむきだしにそう言い放った。 「アンケート調査に協力してください!」 と、街で声をかけられたのが事の始まり。 これが噂のキリスト教の異端、統一協会(現・統一家…