Nichinan Chapel

聖書の言葉、説教要約、小随想

編集後記

世界人口の急増と世の終わり

ここ40数年ほど、日本の人口はほぼ横這い。ここ日南では毎年人口が減少するという中、世界人口はついに80億を突破。 40数年前、世界の人口が46億と知り子どもながら驚き、圧倒され、またワクワクしたものですが、そこからさらに34億を加え、今や8…

最強の軍隊となる素養

どのような経緯かは分かりませんが、ある日本人が米国で短期の軍事訓練を受けた時のことです。 訓練には複数の日本人が参加。現役の自衛官と警察官がひとりずついましたが、その他は普通の民間人。 それにも関わらず、訓練初日に教官(元英国特殊部隊)が、…

ひょっこりはん

小学校低学年の頃のある日、私はオイオイ泣きながら帰宅しました。 玄関を入るとたまたま父がそこにいて、どうして泣いてるんだ?と聞くので、実はかくかくしかじかで同級生と口喧嘩になり、その同級生に殴られたんだ、でも、僕は殴り返さなかった、と話すと…

てげよだき~

言葉の共有と共感が密接につながるのを体感したのは、県外に出て働き始めてすぐのこと。 特に労力と時間がかかる作業を前に同僚に 「てげよだき~」 と言おうとして私は、ハッと気づいたのです。 ここにはこれを理解できる人がいない… 意味は宮崎弁で「すご…

大事なのはどう付き合うか

はからずも猫の多頭飼いをするようになり、悟らされたことがあります。それは生まれ持った「気質」について。 同じ猫でも怒りっぽい子もいれば、おとなしい子もいて、物怖じしない子もいれば、臆病な子もいて、食に執着する子もいれば、そうでない子もいて、…

癒されること、癒されないこと

足が不自由な、あるふたりの男性それぞれの「癒し」に対する姿勢に考えさせられたことがあります。 ひとりはクリスチャン。自分が癒されることが神の御心。癒されないことが神の御心であるはずがないと頑なに信じておられました。 もうひとりはノンクリスチ…

中の人は関西人らしい…

ここ最近の翻訳ツールの精度向上には目を見張るものがあります。短文だけでなく長文も見事に訳してくれて、感動することもしばしば。それも無料で使用できるのですから、本当にありがたい。 ただ翻訳ツールによって、得手不得手もあるようで、たとえば長文を…

神が前進をはばまれる時

不燃物処理場。まず車ごと計量。建物に入り、ゴミを降ろし、再び計量して終了、がいつもの流れ。 しかし、コンクリートブロックの持込だったからか、計量後百㍍ほど下った埋め立て場に案内されました。 瓦礫の山。誰もいません。ブロックを投げ散らかしスト…

「ぼやき」が昇華されると何になる?

某ラジオ番組の電話相談コーナー。相談者は五〇代男性。 「日記に書いた妻の悪口を本人に見られた。妻は怒り心頭。これって悪口を書いた自分が悪い?勝手に日記を見た妻が悪い?」。 聞くと悪口というより「自分ばかり働かされて馬鹿らしい」とか「家事に細…

「臨死体験」信じる?信じない?

「臨死体験」はあまり信じないほうが無難です。それがクリスチャンの「臨死体験」であったとしてもです。 天国がどんな所だったか、そこでイエス様とどんな会話をしたか、その詳細が感動的な証しとして紹介され、それなりの説得力があり、魅力的であってもで…

神に国に住んでいるかどうかは何で分かる?

中学生ぐらいだったでしょうか。テレビで漫才を見ていた時のことです。あれ?全然分からない…と戸惑ったのは言葉のアクセントの違いに焦点を当てた漫才。 観客は大受けなのですが、私には全くピンと来ません。その時初めて、自分がアクセントに無頓着なこと…

主の守りを信じつつも、万全の対策を

先週月曜日、夜中3時に覚醒。それに気づいた愛猫が腹が減ったと言うので起きて餌やり。手を洗おうと水栓を開くと、蛇口の先が 「すんっ」 と言ったきり、何も出てきません。断水です。 地震でもないのに?何か広報あった?誰かの悪戯?飲水は?トイレは?風…

神のふところに安らぐための秘訣

子供の頃から寝付きはあまり良くなく、まず、寝る体勢が整うまでに時間がかかりそこから入眠するまでさらに時間がかかりおまけに夜中は度々覚醒。 反対に2歳下の弟は即入眠、朝まで熟睡。羨ましいやら、腹が立つやら(笑)なので、小3ぐらいの時、弟に尋ね…

変わらない部分に本質がある

旧統一教会が現在の団体名に正式に改名したのは2015年。それまでの「世界基督教統一神霊協会」から「世界平和統一家庭連合」になりました。霊感商法問題でついてしまった悪印象を払拭したかったのでしょう。 確かに字面が変わったことで印象もだいぶ変わりま…

ワイルドかマイルドかと問われるなら

ワイルドかマイルドかと問われるなら、妻は間違いなくワイルドです。 結婚まもないある夏の日。キンキンに冷えた氷水に入っているはずのソーメンが、氷を作り忘れたとのことで、ぬるい水の中を漂っていたあの昼下がり。 私のテンションがダダ下がりになった…

カルトを見分ける基準

安倍元首相の銃撃事件を機に旧統一教会と政界のつながりが明るみに出る中「カルト問題」についてもメディアで多く取りあげられるようになっています。 「カルト」とは何か?実はその定義は様々なのですがフランスの「反セクト法」に記される、このような行為…

隠れ支配的な人たち

20年近く前、家で生まれた4匹の子犬の里親候補を募っていた時のことです。 最初に来られたのは若いご夫婦。しばらく子犬たちを見て、優しそうなご主人が奥さんに言いました。 「好きな子を選んで」 奥さんは嬉々として「じゃ、この子」と指さすと 「ん~、そ…

あの人〇ソ〇〇アって言った?

「このクソババア!」 レジを終え、袋詰めをしてると背後からの怒号。声の主は細身で小柄な金髪おじさん。レジ打ちをされていた店員さんへの捨て台詞でした。 見たところ私より5歳は年上のおじさんです。耳を疑った私は隣にいた娘に「今、あの人クソババアっ…

視点をカエルと…

「窓の外側に何か張り付いているんだけど、あれ何?」と妻が言うので、見るとカエルのシルエット。 「あぁ、あれはカエルだよ。アマガエルとかじゃない?」 「でも三日前ぐらいから、ずっと張り付いてるんだけど。だんだん大きくなってるような気もするし」 …

私たちが憂うべきこと

幕末の志士、大隈重信は外務大臣時代に彼の政策を止めんとする右翼のひとりに爆弾を投げつけられました。犯人はその場で自害。大隈は片足を失いました。 しかし、大隈は犯人を責めることなく、かえって褒めたというのです。彼もまた国のことを憂えてしたこと…

果たしてどちらが愛なのか?

先日、近所のスーパーに買物に行った時のこと。お目当ての商品の棚が品出し中。なので、店員さんが少し離れた隙にさっと商品を手にしたのですが、ほぼ同時に側の棚からバラバラっと二、三個の商品が落ちて来たのです。 その音に振り向いた店員さん。「あぁ大…

人間は〇〇した瞬間から人間

6月24日、各州の中絶規制を容認する判決が米国最高裁で下されました。 多くの日本人の反応は 「信じられない」 です。 そこには乱暴されて望まない妊娠をした場合はどうする?との懸念もあるでしょう。中絶の権利は持つべきだと。 気持ちは分かります。しか…

彼らの狙いは…

一昨日、若い女性の声で「新天地イエス教会の者ですが、牧師先生でいらっしゃいますか?」との電話がありました。 声だけを聞くと誠実そう。好印象です。教会間での交流会を持ちたいとの要請に快諾したくなります。 しかし「新天地イエス教会」は韓国系異端…

塩だと思ったら…

ナ〇クジが出たので塩を振ったつもりでしたが、塩じゃなくて、味の素でした(笑)よく似てる容器を使用しているもので... それにしても、ナメ〇ジと書くだけで、ぞぞぞっと身の毛がよだちます。 なので、編集後記にその名を登場させるのはどうかと思ったので…

3つのアドバイス

障害者雇用問題のネット記事を読んだ際それについたコメントの中に心に残るものがありました。 それは身体障害者の上司を持つ方のコメント。上司から次の3つのアドバイスを受けたそうです。 それが 「人のせいにしない」「人と比較しない」「人に期待しない…

少しは〇〇していると思いたい

「今取っている読〇新聞を止めて、〇日新聞(地方紙)を取ろうかと思っている」 父が母にそう言っているところに居合わせた当時中学生の私。基本、大人のする事には口をはさまない子でしたが、その時は違いました。 「お父さん、〇売新聞のほうが情報が多い…

なぜ「うつ」が自死に?

ここ最近、著名人の自死が多く報道されています。 自死の大きな要因として「うつ病」があげられるのは、うつ病には「希死念慮(きしねんりょ)」つまり「死んでしまいたい」という強い思いが伴うからです。 健康な人でも死んでしまいたいと思うことはありま…

記憶力が悪いだけ?

「最近、楽しかったことは?」と聞かれ う~ん… と考えていると 「え?楽しいことなかったの?若いのにつまらないねぇ」 と言われたことがあります。 その時、私は20代半ば、相手は年配の方だったこともあって、特に反論はしませんでしたが、何か釈然としま…

湯のみに記された豊かな人生のカギとなる言葉は…

先日、妻と一緒にリサイクルショップに行った時のこと。 お目当ての品はなかったので手ぶらで出るはずでしたが、なぜか妻の手には小さな箱が。中身は一組の湯のみでした。 その湯のみの造形や意匠はお世辞にも素晴らしいと言えるものではなく、正直、ダ… ダ…

オレが聞いてやる!

え?これってあのチャンさん? 記事の写真に面影を残す50代男性… 彼と会ったのは30年前、訳あって短期滞在していた拡大宣教学院にて。 会った初日、外国訛りの日本語で 「悩みがあるって?言え!全部言え!オレが聞いてやる!」 と、鬼の形相で迫られたのが…