Nichinan Chapel

聖書の言葉、説教要約、小随想

今週の聖句

キリスト・イエスは罪人を救うために来られた

「キリスト・イエスは罪人を救うために世に来られた」ということばは真実であり、そのまま受け入れるに値するものです。私はその罪人のかしらです。(Ⅰテモテ1章15節) クリスチャンはすでに義人である、なのに多くの人が自分は罪人だと思っている。義人…

忠実な者を任命される

私は、私を強くしてくださる、私たちの主キリスト・イエスに感謝しています。キリストは私を忠実な者と認めて、この務めに任命してくださったからです。(Ⅰテモテ1章12節) 神様の目に忠実な者として認められなければ、神様は私たちが果たすべき使命のた…

目標は、愛です。

この命令が目指す目標は、きよい心と健全な良心と偽りのない信仰から生まれる愛です。(Ⅰテモテ1章5節) 目標に到達するために一番大事なこと、それは目標を見失わないことです。当たり前のことですが、いくら足が速くても、持久力があっても、並外れた精…

落ち着いて、仕事をしなさい

主イエス・キリストによって命じ、勧めます。落ち着いて仕事をし、自分で得たパンを食べなさい。(Ⅱテサロニケ3章12節) 「働かざる者、食うべからず」という有名なことわざの出典は聖書。パウロがテサロニケ人への手紙の中で、ある信徒たちを叱責した言…

自分を救う真理を愛をもって受け入れなさい

彼らが滅びるのは、自分を救う真理を愛をもって受け入れなかったからです。 (Ⅱテサロニケ2章10節) 「真理とは何なのか?」総督ピラトがどのような思いでそう言ったのかは分かりません。ただ、彼が「真理」を第一にしなかったのは確かです。多くの人にと…

神が御力によって実現してくださる

どうか私たちの神が、あなたがたを召しにふさわしい者にし、また御力によって、善を求めるあらゆる願いと、信仰から出た働きを実現してくださいますように(Ⅱテサロニケ1章11節) 神様が私たち一人ひとりを選んでくださったこと。そして、その選びにふさ…

信仰が大いに成長し、愛が増し加わった

あなたがたについて、私たちはいつも神に感謝しなければなりません...あなたがたの信仰が大いに成長し、あなたがたすべての間で、一人ひとりの互いに対する愛が増し加わっているからです。(Ⅱテサロニケ1章3節) その人の信仰が本物かどうか、もしくは健全…

中の人は関西人らしい…

ここ最近の翻訳ツールの精度向上には目を見張るものがあります。短文だけでなく長文も見事に訳してくれて、感動することもしばしば。それも無料で使用できるのですから、本当にありがたい。 ただ翻訳ツールによって、得手不得手もあるようで、たとえば長文を…

平和の神があなたを聖なる者と

平和の神ご自身が、あなたがたを完全に聖なるものとしてくださいますように。あなたがたの霊、たましいからだのすべてが、私たちの主イエス・キリストの来臨のときに、責められるところのないものとして保たれていますように。(Ⅰテサロニケ5章23節) 神…

目を覚ましていても、眠っていても

主が私たちのために死んでくださったのは、私たちが、目を覚ましていても眠っていても、主とともに生きるようになるためです。(Ⅰテサロニケ5章10節) 「主とともに生きる」ことこそ、私たちの存在目的であると聖書は教えます。そのことに納得できなかっ…

私たちは引き上げられ、空中で主を会う

まず、キリストにある死者がよみがえり、それから、生き残っている私たちが、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられ、空中で主と会うのです。(Ⅰテサロニケ4章16-17) 私たちは「空中再臨」すなわち「携挙(けいきょ)」を信じ、それが、近い将来実現…

自分の仕事に励みなさい

落ち着いた生活をし、自分の仕事に励み、自分の手で働くことを名誉としなさい。 (Ⅰテサロニケ4章11節) 「終末は間近だから、働いている場合ではありません。勉強している場合ではありません。全員、献身しなさい。福音宣教に専心しなさい。」パウロはそ…

神が召されたのは、聖さにあずからせるため

神が私たちを召されたのは、汚れたことを行わせるためではなく、聖さにあずからせるためです。(Ⅰテサロニケ4章7節) 神は私たちを「聖さ」にあずからせるために召されたと聖書は教えます。では「聖さ」とは何でしょうか?上記聖句では、それに対するもの…

愛が主にあって、豊かに

私たちがあなたがたを愛しているように、あなたがたの互いに対する愛を、またすべての人に対する愛を、主が豊かにし、あふれさせてくださいますように。(Ⅰテサロニケ3章12節) 信仰と聖霊にあふれているけれども、愛にはあふれていない、ということはあ…

神を喜ばせるためでなく、人を喜ばせるために

私たちは、神に認められて福音を委ねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせるのではなく私たちの心をお調べになる神に喜んでいただこうとして、語っているのです。(Ⅰテサロニケ2章4節) 福音を伝えたことで捕えられユダヤ人議会に引き出された…

聖霊による喜びをもって

あなたがたも、多くの苦難の中で、聖霊による喜びをもってみことばを受け入れ、私たちに、そして主に倣う者になりました。(Ⅰテサロニケ1章6節) ローマ人への手紙でパウロは「苦難さえも喜んでいます」と言いました。それは苦難が最終的に希望を生み出す…

あなたがたのことばが親切であるように

あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味の効いたものであるようにしなさい。そうすれば、一人ひとりにどのように答えたらよいかが分かります。(コロサイ4章6節) 「塩」は生命を維持する上で欠かすことの出来ないものです。つまり、親切なことばとは人…

人に対してではなく、主に対してするように

何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。(コロサイ3章23節) 「これらのわたしの兄弟たち、それも最も小さい者たちの一人にしたことは、わたしにしたのです」(マタイ25:40)との言葉を私たちは真摯に受け止め…

キリストのことばが豊かに住むように

キリストのことばが、あなたがたのうちに豊かに住むようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、忠告し合い、詩と賛美と霊の歌により、感謝をもって心から神に向かって歌いなさい。(コロサイ3章16節) 一般的に、語彙力が多ければ多いほど、より深い思考…

新しくされ続け、真の知識に

新しい人は、それを造られた方のかたちにしたがって新しくされ続け、真の知識に至ります。(コロサイ3章10節) クリスチャンはすでにキリストにあって「新しくされた人」です。同時に「新しくされ続ける人」でもあります。ともすると「新しくされた」こと…

貪欲は偶像礼拝です

地にあるからだの部分、すなわち、淫らな行い汚れ、情欲、悪い欲、そして貪欲を殺してしまいなさい。貪欲は偶像礼拝です。(コロサイ3章5節) 「貪欲は偶像礼拝」との言葉は衝撃的です。教会の中であからさまな偶像礼拝をしている方はおられないでしょうが…

あなたがたのいのちは、キリストとともに

あなたがたはすでに死んでいて、あなたがたのいのちは、キリストとともに神のうちに隠されているのです(コロサイ3章3節) 昔、ギリシア人は人が死んで葬られることを「地中に隠されている」と表現したそうです。パウロはその表現が私たちがキリストととも…

キリストにあって歩みなさい

あなたがたは主キリスト・イエスを受け入れたのですから、キリストにあって歩みなさい。(コロサイ2章6節) 「キリストにあって」の「~にあって」と訳されている部分は他に「~によって」「~とともに」「~の中に」などとも訳される言葉です。それらを含…

キリストにあって成熟した者として

私たちはこのキリストを宣べ伝え、あらゆる知恵をもって、すべての人を諭し、すべての人を教えています。すべての人を、キリストにあって成熟した者として立たせるためです。(コロサイ1章28節) 宣教の目的は福音を伝えることだけではありません。成熟し…

聖なる者として、御前に立たせるため

今は、神が御子の肉のからだにおいて、その死によって、あなたがたをご自分と和解させてくださいました。あなたがたを聖なる者、傷のない者、責められるところのない者として御前に立たせるためです。(コロサイ1章22節) 私たちは神のさばきの座に立ち、…

御子によって、御子のために

天と地にあるすべてのものは、見えるものも見えないものも、王座であれ主権であれ、支配であれ権威であれ...御子によって造られ、御子のために造られました。(コロサイ1章16節) この世界はイエス様によって創造されたと聖書は教えます。つまり、イエス…

暗闇の力から、御子の支配の中へ

御父は、私たちを暗闇の力から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。この御子にあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ているのです。(コロサイ1章13ー14節) イエス様を救い主として心に受け入れても、目に見える状況は…

本当に理解した時、実を結び成長する

この福音は、あなたがたが神の恵みを聞いて本当に理解したとき以来、世界中で起こっているように、あなたがたの間でも実を結び成長しています。(コロサイ1章6節) 福音は「本当に理解したとき」に実を結び成長すると聖書は教えます。それは教会全体におい…

あらゆる境遇に対処する秘訣

私は、貧しくあることも知っており、富むことも知っています。満ち足りることにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に対処する秘訣を心得ています。(ピリピ4章12節) 「私を強くしてくださる方によって、私はどんなことで…

学んだことを実行しなさい

あなたがたが私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことを行いなさい。そうすれば、平和の神があなたがたとともにいてくださいます。(ピリピ4章9節) 「いつも学んでいるのに、いつになっても真理を知ることができない」(Ⅱテモ3:7)一つの理由…