Nichinan Chapel

聖書の言葉、説教要約、小随想

説教要約

ともに苦しまれる神

この地上で生きている限り、私たちは「苦しみ」を避けることはできません。私たちは聖書的な視点に立ち「苦しみ」と向き合うことが大切です。 1.人が苦しむのを望まない神 主が人の子らを、意味もなく、苦しめ悩ませることはない(哀歌3:33) 新共同訳…

神を知ることによって

私たちには「神を知ることを切に追い求める」(ホセア6:3)ことが求められています。「神を知る」ということについての理解を深めましょう。 1.神を知るとは? 人は、その妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、「私は、主によって一人の男子…

世全体の罪のため

神の救済計画は人類にとどまらず、全被造物に及ぶものです。時が来れば、全てが回復され、永遠の自由の中に入れられるのです。 1.罪を犯さないようになるため 私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです(Ⅰヨハネ2:1…

平安の計画

神の平安と将来と希望を与える計画が、私たちの人生に実現するために大切な信仰の姿勢を学びましょう。 1.神の最善を信じる それはわざわいではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ(エレミヤ29:11) バビロン捕…

永遠の愛をもって

信仰の転機となる出来事を心に刻むことは、確かな信仰生活を送る上で重要です。また兄姉の同様の体験に耳を傾けることも大事です。 1.救い わたしを呼べ。そうすれば、わたしはあなたに答え、あなたが知らない理解を超えた大いなることを、あなたに告げよ…

光の中を歩むために

光の中を歩むとは具体的にどのように歩むことでしょうか?光の中にとどまり続けるために、私たちはどうすればよいのでしょうか? 1.光の中を歩んでいるなら 神が光の中におられるように、光の中を歩んでいるなら...御子イエスの血がすべての罪から私たちを…

喜びが満ちあふれるため

喜びに満ちあふれたクリスチャン生活を送るために、聖書が教える「交わり」についての理解を深めましょう。 1.愛としての交わり 神は愛です。(Ⅰヨハネ4:16) 神が人間を創造された時、ご自身を「われわれ」と言われたことに、神が複数の人格(位格)…

不正な管理人

イエス様の譬え話に登場する主人は管理人の不正をほめたのでしょうか?神は悪行で稼いだ金で友を作れと教えているのでしょうか? 1.主人は不正をほめた? 主人は、不正な管理人が賢く行動したのをほめた(ルカ16:8) 主人は管理人の不正行為ではなく、…

キリストの香りを放つ

私たちは、救われる人々の中でも、滅びる人々の中でも、神に献げられた芳しいキリストの香りなのです(Ⅱコリント2:15) 1.キリストの香り 私たちを通してキリストを知る知識の香りを、いたるところで放ってくださいます(Ⅱコリント2:14) キリスト…

新天新地を目指して

クリスチャンとしてのゴール(到達点)がどこにあるかをしっかりと理解しているでしょうか?ゴールを目指さず、そこに到達できるでしょうか? 1.最終目標としての新天新地 見よ、わたしは新しい天と新しい地を創造する。先のことは思い出されず、心に上る…

愛すること

聖書の最も重要な主題は「愛」です。聖書を学ぶことが、愛における成長につながらなければ、真に聖書を学んでいるとは言えません。 1.最も大切な教えは? 互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい(ヨ…

異言について

「異言」については様々な見解がありますが、私たちの教会が「異言」をどのように理解しているかを確認しましょう。 1.しるしとしての異言 パウロが彼らの上に手を置くと、聖霊が彼らに臨み、彼らは異言を語ったり、預言したりした(使徒19:6) 使徒の…

弱さと正しく向き合うため

誰もが「弱さ」を抱えて生きています。それは人間である以上、仕方がないことです。大事なのはその「弱さ」とどう向き合うかです。 1.へりくだることを学ぶ 私は肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高慢にならないように、私を打つためのサタン…

雅歌に学ぶ

「雅歌」は聖書中、最も解釈が難しい書巻であると言われますが、そこにキリストが示されている点では他の書巻と変わりはありません。 1.夫と妻との関係 妻は自分のからだについて権利を持ってはおらず、それは夫のもの...夫も...権利を持ってはおらず、そ…

異端化・カルト化する兆候

「教えにとどまる者こそ、御父も御子も持っています」(Ⅱヨハネ9)教えにとどまるためにも、間違った教えを見分ける術を身につけましょう。 1.指導者が神格化される わたしの名を名乗る者が大勢現れ、「私こそキリストだ」と言って、多くの人を惑わします…

心の目が見えるように

主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを知らせなさい(マルコ5:19) 1.闇の支配 悪魔に捕らえられて思いのままにされている人々(Ⅱテモテ2:26) ゲラサ人の地で遭遇した多くの悪霊に憑かれた男。…

信仰による

私たちが、見えるものにはよらず、信仰によって歩むときに(Ⅰコリ5:7)私たちが得ることのできるものについて考えて行きましょう。 1.忍耐 信仰によって、彼は王の憤りを恐れることなく...目に見えない方を見ているようにして、忍び通したのです(へブ…

献金を捧げる姿勢

彼らは自ら進んで、力に応じて、また力以上に献げ、聖徒たちを支える奉仕の恵みにあずかりたいと...私たちに懇願しました(Ⅱコリント8:3-4) 1.自ら捧げる(自由意志によって) 一人ひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたと…

これがすべてである

結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである(伝道者12:13) 1.すべては空 空(くう)の空。伝道者は言う。空の空。すべては空(伝道者1:2) 伝道者(コヘレト)は人生の意味と…

神を求めて生きる

神は、一人の人からあらゆる民を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、住まいの境をお定めになりました(使17:26) 1.神を求めるために それは神を求めさせるためです。もし人が手探りで求めることがあれば、神を見出すこと…

福音とは何か?

私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです(Ⅰコリント15:3) 1.キリストは罪のために死なれた 「キリスト・イエスは罪人を救うために世に来られた」ということばは真実であり、そのまま受け入れるに値す…

豊かな実を結ぶために

主の教えを喜びとし、昼も夜も、その教えを口ずさむ人。その人は...時が来ると実を結び...そのなすことはすべて栄える(詩篇1:2-3) 1.助言するみことば あなたのさとしこそ、私の喜び、私の助言者です。(詩篇119:24) 人間の目には正しく見え…

神を恐れよ

結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである(伝道者12:13) 1.神を恐れよ 主を恐れることは知識の初め(箴言1:7) 箴言はその冒頭で「神を恐れること」こそが祝福された人生を…

バプテスマのヨハネ

イエス様の公生涯に先立ち、福音の先駆者として遣わされたバプテスマのヨハネ。彼はどのような人物だったのでしょう(マルコ1:1-8) 1.荒野で叫ぶ声 見よ。わたしは、わたしの使いをあなたの前に遣わす。彼はあなたの道を備える。荒野で叫ぶ者の声が…

サタンの罠に陥らないために

私の口のことばと 私の心の思いとが 御前に受け入れられますように。 主よ わが岩 わが贖い主よ。(詩篇19:14) 1.サタンは人間の思いに働きかける 悪魔はすでにシモンの子イスカリオテのユダの心に、イエスを裏切ろうという思いを入れていた(ヨハネ…

豊かな実を結ぶために

主のおしえを喜びとし 昼も夜も その教えを口ずさむ人。その人は...実を結び...そのなすことはすべて栄える(詩篇1:2-3 1.みことばに聞く あなたがわたしの命令に耳を傾けてさえいれば、あなたの平安は川のように、正義は海の波のようになったであろ…

霊的健康を保つために

愛する者よ。あなたのたましいが幸いを得ているように、あなたがすべての点で幸いを得、また健康であるように祈ります(Ⅲヨハネ2) 1.神のことばに聞く わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく...決して渇くことがあり…

神をほめたたえよ

五巻に分けられる詩篇の巻末はいずれも「神は永遠にほむべきかな」との内容の詩です。そこから私たちは何を学ぶことができるでしょう。 1.創造主なる神だけが礼拝の対象である ほむべきかな、神である主、イスラエルの神。ただひとり奇しいみわざを行われ…

みことばを愛する

神様を愛するとは、神様のことば「みことば」を愛することです。では、どのようにして、私たちは「みことば」を愛していくのでしょう。 1.みことばに耳を傾ける あなたのおきてを私に教えてください...私は、あなたのさとしの道を、どんな宝よりも楽しんで…

倒れても起き上がるために

正しい人は七度倒れても、また起き上がる(箴言24:16)とありますがそのために知るべき大切なことを確認しましょう。 1.イエス様は私たちの弱さを知っておられる 私たちの大祭司は...弱さに同情できない方ではありません。罪は犯しませんでしたが...…