Nichinan Chapel

飫肥杉香る礼拝堂 日南チャペル

【動画】礼拝説教「王なるイエス」

結婚しないでいなさい。あなたは必ず・・・

若かりし頃、結婚に関する至言に出会い感動した私は、これは分かち合わなければと、早速、SNSに投稿。 その至言がこちら。 「結婚しないでいなさい。あなたは必ず後悔するだろう。結婚しなさい。あなたは必ず後悔するだろう。」 これはキリスト教哲学者キ…

なぜ、断食をしないのですか?

聖書箇所:マルコの福音書2章18節ー22節 イエス様が断食をされない理由は何だったのでしょう? 1.なぜ、断食をしないのですか? ヨハネの弟子たちやパリサイ人の弟子たちは断食をしているのになぜあなたの弟子たちは断食をしないのですか。マルコ2:1…

ティキコ

【ティキコ】アジア人でパウロの同労者。彼の名前は使徒の働きに一回、パウロの手紙に複数回登場する。パウロの第三回の伝道旅行でマケドニアからトロアスに向かう際、先発隊としてパウロに先立ったり、パウロの手紙を携えてエペソやコロサイに遣わされたり…

朽ちない種、生ける神のことば

あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく朽ちない種からであり、生きた、いつまでも残る、神のことばによるのです。(ペテロの手紙第一1章23節) 私たちは「神のことばによって新しく生まれた者」であると聖書は教えます。また、神のことばに…

離婚しない秘訣というより

先日、拡大宣教学院のインターネット講座で、講師として奉仕をする機会が与えられました。 「聖書的結婚観」というテーマで話しをしたのですが、最後に、十代の姉妹から「離婚しない秘訣は?」との質問がありました。 想定外の質問だったので、しどろもどろ…

罪人を招くために

聖書箇所:マルコの福音書2章13節-17節 イエス様との出会いがマタイにもたらしたものは何だったのでしょう? 1.取税人マタイ イエスは道を通りながら、アルパヨの子レビ(マタイ)が収税所に座っているのを見て...マルコ2:14 「取税人」は嫌われ者…

オネシモ

【オネシモ】ピレモンという裕福なクリスチャンの奴隷だったが、ある時、主人のもとから脱走。そして、行った先で、何かしらの理由で投獄され、そこでたまたま獄中にあったパウロに出会い、信仰に導かれたと思われる。その後、彼はパウロの良き同労者となっ…

信仰と希望は神にかかっています

あなたがたは、キリストを死者の中からよみがえらせて栄光を与えられた神を、キリストによって信じる者です。ですから、あなたがたの信仰と希望は神にかかっています。 (ペテロの手紙第一 1章 21節) もし、キリスト教が、単なる人間が作り出した宗教であり…

【動画】礼拝説教「なぜ、断食をしないのですか?」

【動画】礼拝説教「罪人を赦すために」

カイゼン

「改善」という言葉。片仮名で「カイゼン」と書くと、企業では「主に製造業の現場で、業務を見直し、より良くする活動」のことを意味します。 以前、働いていた職場で、これを徹底していたところがあり、毎週、全職員に「効率、安全、品質」を高める改善案を…

罪を赦す権威

聖書箇所:マルコの福音書2章1-12節 イエス様が罪を「赦す権威」を持っていることの意味を確認しましょう 1.罪を赦す権威 人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたが知るために── マルコ2:10 マルコの福音書2章1節から12節「…

ピレモン

【ピレモン】自宅を教会のために開放していた裕福な人物。パウロが彼に宛てた手紙が「ピレモンへの手紙」。パウロは手紙で、ピレモンのもとから脱走した奴隷で、獄中でパウロに出会い入信したオネシモについて、彼の今後の処遇について穏便に取り計らうよう…

血による罪の贖い

あなたがたが先祖伝来のむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない子羊のようなキリストの、尊い血によったのです。(ペテロの手紙第一1章18〜19) 私たちはイエス様によって「虚しい人生」ではなく「満ち…

【動画】礼拝説教「罪を赦す権威」

信仰がにじみでる者と

今、私たちが使用している聖書は新改訳聖書2017(第四版)です。以前は新改訳聖書第三版を使用していました。 改訂でより良い訳になっているとは思いますが、前のほうが好きだったなと思う箇所もちらほら。 例えば、ルカの福音書の一章四十五節。今は「信じ…

神を恐れることを学ぶ

聖書箇所:マラキ書 2章5節 神への畏敬の念を身につけるために必要なことは何でしょうか? 1.神を恐れるべき理由を知る からだを殺しても、たましいを殺せない者たちを恐れてはいけません。むしろ、たましいもからだもゲヘナで滅ぼすことができる方を恐…

テモテ

【テモテ】ルステラの教会の信徒。ギリシャ人の父とユダヤ人の母のもとに生まれる。まだ若かったと思われるが、忠実な聖徒として知られ、その噂を聞いたパウロは彼を宣教旅行のチームの一員としてスカウトする。新約聖書のテモテへの手紙はパウロが彼に宛て…

この世に寄留している時を、恐れつつ過ごしなさい

人をそれぞれのわざにしたがって公平にさばかれる方を父と呼んでいるのなら、この世に寄留している時を、恐れつつ過ごしなさい。(ペテロの手紙第一1章17節) 主の兄弟ヤコブは人生を「しばらくの間現れて、それで消えてしまう霧」(ヤコ4:14)と表現しまし…

【動画】礼拝説教「神を恐れることを学ぶ」

www.youtube.com

なんだか残念

先日、歩道を歩いていると、デカデカと「交通安全」というステッカーを付けた原付バイクに乗った八〇歳ぐらいのおじいちゃんが、前を走る軽自動車の後ろにピッタリと張り付き、思いっきり煽り運転しているのを目撃しました。 ビービーとけたたましくクラクシ…

わたしは望む

聖書箇所:マルコの福音書1章40-45節 イエス様こそが私たちに「きよめ」を宣言することのできる祭司なのです 1.ツァラアトとは? 祭司が調べて、かさぶたが皮膚に広がっているなら、祭司は彼を汚れていると宣言する。それはツァラアトである。レビ13:8 …

テトス

【テトス】「使徒の働き」には登場しないが、パウロの手紙でたびたび言及される人物。ギリシア人であった彼はパウロの伝道によって信仰に入り、早い時期からパウロの同労者となっていたと推測される。新約聖書の「テトスへの手紙」はパウロが彼に宛てた手紙…

すべてにおいて聖なる者と

あなたがたを召された聖なる方に倣い、あなたがた自身、生活のすべてにおいて聖なる者となりなさい。(ペテロの手紙第一1章15節) 「生活のすべてにおいて聖なる者となりなさい」と聖書は教えます。私たちは、この命令に従順でありたいと願うのですが、その…

【動画】特別賛美「墓の中に」「我が感謝の心」

【動画】礼拝説教「わたしは望む」

訥々と

花婿の友人代表としてスピーチをしたときのこと。 結婚式でのスピーチは初めての経験でしたが、毎日曜日の説教奉仕をしてはいましたので、自分で言うのもなんですが、それなりのスピーチはできたと思います。 しかし、その直後、花嫁の同僚代表として前に立…

復活がなければ

マタイの福音書28章1~20節 イエス様の復活の意味と目的について考えていきましょう 1.事実としての復活 御使いは女たちに言った...十字架につけられたイエス...ここにはおられません...よみがえられたのです。マタイ28:5〜6 ここ日本でも、イエス様…

主の兄弟ヤコブ

【主の兄弟ヤコブ】イエス様の実弟。イエス様の復活以前は兄イエスがキリスト(救い主)であることを認めていなかった。復活されたイエスを目の当たりにして、兄イエスがキリストであることを信じ、エルサレム教会では指導的な地位にあった。ヤコブの手紙の…